お知らせ

2009年04月09日

ラカンのピジョンは最高だ!!

 これまで何人ものお客様が「小鳩」のイメージが変わったと・・



そう言ってもらい嬉しい限りなんですが、ヌーヴェルエールではこれまたずーーーと鳩といえば、



 「ラカン産小鳩」のみを使い続けていますexclamation×2



モリーユ茸の香るパンドゥミを纏ったフランスラカン産小鳩のロースト
Pigeonneau de Pay de Racan croustillantes,cuisinée à la morille





P1010830.jpg


グッド(上向き矢印)トリ系に対して僕が求めるものは・・ずばりexclamation



      “フレッシュ感”


まず、その素材がフレッシュであることが大前提で、それを自分なりにどのように“寝かせ”、どのように“火入れ”をするか。



その全て、自分のイメージどうりの料理にすることが出来るのがこの



    「ピジョノー・ラカン」 なのです。





              Miya


posted by Chef at 17:25| 東京 ☀| Comment(0) | こだわりの食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。